多重債務に苦しむ方へ 


 このようなサイトを訪れているということは、きっと解決に向けて自分で行動を起こそうとしていらっしゃるのだと思います。そして、もはやどうにもならないところまで追い詰められていることでしょう。

 私自身、自業自得ですが、長い間、自身の借金に苦しんできました。寝ても覚めても「返済」のことが頭から離れず、何をしていても常につきまとってきました。自己嫌悪を感じ、誰にも相談できず、かと言って解決もできずに、無意味な借金を増やしてしまいました。

 毎月、給料をいただいても、有り難味も感じず、その月のうちにキャッシングを重ねる。自分の働いたお金で生活しているという実感など全くなく、お金がなくなればすぐに借金し、給料日前だから苦しい・・ということもありませんでした。
         
 家族にも金銭的な負担と迷惑をかけてしまいました。私は特定調停のことや毎月の返済額のことなどは夫には話しておりません。ただ、夫は私に借金があること、今も返済していることは知っています。家族には本当のことを話した方がいい・・借金問題を抱えておられる方の多くはそうおっしゃいますし、そのことを訴えているサイトも多いですし、私もできればその方が良いと思います。
 ただ、私の場合、数回にわたり夫に立て替えてもらったり、借り入れしてもらったりしているため、今回のことは話せませんでした。

 苦しいながらもこの2年、何とか返済してきましたが、それは委員の方にも言われましたが、私自身の収入が安定していたためです。調停後、多少の減収となり一度だけ母に援助してもらいましたが、何とか返済を続けています。

 私と同じような事情でどうしても話せないという方は、全て自分で背負い何があっても返済していけるだけの気力と、安定した収入が必要不可欠です。最後まで返済できずに、結局、自己破産へ切り替えるとなれば、更に事態は悪化し結局、どうにもならなくなってから家族に告白することになってしまいます。

 私自身、金銭的には厳しい生活ですが、借金で苦しんでいた頃とは比べものにならないほど気持ちは晴れ晴れとしています。少なくとも返済に追われる不安がなくなり、毎月、確実に借金が減っていっているという達成感があります。そして何より、自分で働いたお金で生活しているのだという満足感があります。

 悩んで苦しんでいるだけでは解決できません。勇気を出して一歩を踏み出し行動を起こしてください。まずはどの方法を選ぶかをじっくり考えて決めてください。

 
  ご家族の借金に悩む方へ



 私の苦い経験から言いますと、立て替えて払ってあげることは決してしないで下さい。多重債務者の多くは、立て替えてもらったことでまた繰り返します。自分で痛い思いをして、本当にどん底まで落ちない限り懲りませんし、立ち直れません。誰かが助けてあげているうちは、本当に立ち直ることはできません。

 また、多重債務者の多くはウソをつきます。私がそうでした。借金があることは話しても、本当の債務額を隠そうとします。債務額を偽られると、またその穴埋めのために借金をし兼ねません。言葉は悪いですが、信用情報センターなどに問い合わせるなどの脅し文句も必要かもしれません。ウソをついている場合、大抵は慌てふためき、本当のことを話すと思います。

            

                         
HOME

 

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO